人気ブログランキング |
ブログトップ

澄深寝夢の釣り日記@道南

suminemu.exblog.jp

あくまで自分の備忘録のためのブログです。暇で暇でどうしようもない時にでも読んで頂けたら幸いです。

私事ですが、2ヶ月ほど後に本業の転勤で移動することになりました。

同じ道南圏内ではありますが…

17年も住んだ我が家を片付け、ダウンサイジングする新居に移転するにあたり。
当然、大幅な断捨離を決行する必要があります。

現在、あらゆるモノを「持っていく or 捨てる」の仕分け中なのですが。
無情にも、それは釣り道具にも実行しなくてはなりません(涙)

昔活躍したけど、今はめっきり出番のないフライロッドとか。
欲しくなって買ったけど、用途がカブリまくっている同ジャンルのロッドとか。
ご好意で頂いたけど、心苦しくも使うことのない良い竿とか…。
性能は素晴らしいけど、なんか好きにになれないリールとか(笑)

色々、処分したり入れ替えたりして、もうこれ以上は減らせないほど簡素化しました。

b0207569_02535874.jpg
減らしも減らしたり、残ったのはロッド6本リール6個。

内訳は…

渓流用フライ1セット
本流・湖・ライトソルト兼用フライ1セット
鮭用フライ1セット
ロックフィッシュ用ベイト1セット
ヒラメ用ベイト1セット
ヒラメ用スピニング1セット

断腸の思いで、少数精鋭を残しました。

え?全然簡素化になってないって?

いやいや、道南にいる限り、上記スペックは必要です^^
冷蔵庫とか電子レンジより欠かせない、生活必需品ですよ♪







# by suminemu | 2019-04-01 04:03
2019年3月1日、夜。

魚の手応えが無性に恋しくなり、ご近所漁港へチョイ釣りへ。
渋かったですが、港内で一番釣れるサイズ?のソイが喰ってきました。
b0207569_03261071.jpg
丸2か月も魚の引きを味わっていないと、小さいソイでも‟おおっ!”ってなります(笑)

ちょうど〆るツボの内側にフックが刺さり、オート血抜き状態に。
寝酒のツマミにちょうどいい量の刺身になってくれました^^



# by suminemu | 2019-03-05 03:49 | ロックフィッシュ
2019年2月19日。

ずいぶん釣りへ行けてなかったのですが。
夕方、穏やかな海を見て竿を振りたくなりました。

大森浜へ。
b0207569_23024008.jpg
けっこうサクラが釣れているとは聞いていましたが。
釣り人が多くてびっくり^^

先行者たちを大きく迂回して、駐車場所から離れたポイントへ。

一度アタリましたが、残念ながら乗らず。
フッキングばっちりなフックに代えておけば良かった、とちょっとだけ後悔(笑)

例年ですが、この時期は冴えなすぎるフィッシングライフとなっております。

# by suminemu | 2019-02-19 23:03 | 海アメ・サクラ
2019年1月3日。

今年の初釣りは、友人Jと茅部方面ロックとなりました。

投げ釣り師には人気の某所。
岩盤と沈み根の間をちょこまか探っていると良いアタリ。
b0207569_20235938.jpg
Jの手尺で46cmほどの、真っ赤なウサギアイナメでした♪

獅子鼻~銚子岬界隈の磯場では、このウサギアイナメだけでなく、
アイナメ・スジアイナメ・カジカ共に、赤みの強い個体がよく見られます。

赤っちゃけた岩盤に赤黒い海藻が茂り、そこにいる甲殻類を食べてるから?
そんな安直な推理で、この辺では赤系透過色のワームが効くと思っているのですが。
結局のところ他の色でも普通に釣れるので、気のせいかもしれません(笑)

さて、ここいらの釣り師の多くは、アイナメはアブラコ、スジアイナメはハゴトコと区別していますが。
ウサギアイナメについては、アブラコと呼ぶ人とハゴトコと呼ぶ人がいる気がします。
通称なので正解はないのだろうと思いますが…。
個人的には、「ハゴトコ」には雑魚的な蔑称の響きを感じるので…
大型に育つ好ファイターのウサギは、「アブ」と思ってます^^


# by suminemu | 2019-01-03 21:08 | ロックフィッシュ
2018年12月31日。

釣友のH氏&Y君親子と、日本海へ出撃してきました。

夜明けと同時にサクラを狙ってサーフへ。
しかし波足が伸びる強いウネリに濁りも入り、苦戦必至の様相。
2か所のポイントを探りましたが、残念ながら反応は得られませんでした。

昼以降はさら風雪が強まり、かなりのタフコンに。

寅サーフで修行を敢行するか、ロックへ逃げるか迷った末、逃げを選択。
ホッケを期待して港へ入ります。
が、港もかなりの強風と横殴りの霰で、結局は修行の釣りになりました(笑)

やはりこちらも渋い中、先行して探っていた自分に40数cmのアブラコがヒット。
b0207569_21543018.jpg
その後、フッキングにてこずりながらも2尾のローソクホッケがヒット。
b0207569_21543431.jpg
ホッケの反応があるエリアを3人で集中して狙います。

反応はあるもののしっかり喰わない時間が続いた後、Y君がやりました。
b0207569_21543961.jpg
42cmの、極太ホッケ。
最近ではかなり貴重な、脂の乗った最上級の獲物でしょう^^

その後、さらに強まる風雪におじさんたちが年齢順にギブアップする中、
Y君は向い風に立ち向かいさらにホッケを追加して終了。

試練の釣行が多かった今年にふさわしい、楽しいながらも過酷な釣行となりました。

H氏、Y君、お疲れさまでした^^


# by suminemu | 2018-12-31 23:11 | ロックフィッシュ
早いもので、もう暮れになってしまいました。
まだ行くかもしれませんが、今年の釣りを総括してみます。


まずは海鱒編。

シーズン前半、比較的近場でサクラを狙いましたが、玉砕。
姿は見てませんが、大森浜と松前で結構デカめのをバラしました。
b0207569_21375786.jpg
写真は初夏、下海岸でヒットしたアメ。


続いてフレッシュ編。

初夏はブラウン、盛夏は小河川のイワナが楽しませてくれました。
b0207569_21374591.jpg
b0207569_23135456.jpg
でも、渓流用のリールを紛失するという失態も(汗)
落としたのか?気づかないうちに車上狙いに遭ってたのか?




ヒラメ編。

2枚(MAX47cm)でしたが、過去に釣ったことのないポイントでの釣果なので満足^^
b0207569_21383252.jpg

b0207569_21383667.jpg
来年こそは座布団じゃ~


ロックフィッシュ編。
b0207569_21375379.jpg
b0207569_21371923.jpg
b0207569_21381762.jpg
b0207569_21412033.jpg
アブは48cm、クロソイは31cmどまり。
秋のシーズン、サケに乱心しロック狙いの回数が激減したのも低調の一因かも(笑)


サケ編。

よく、「今シーズンは〇〇尾をキャッチ&リリース♪」
みたいなことを言ってるフライマンがいますが。
私に言わせりゃ、キャッチ&リリースなんてもう古い。
魚を大切にするなら、キャッチする前にリリースしちゃえ!

今シーズンは、4尾のサケをキャッチ前リリースできました^^

… 

サケ釣りを始めて23年。
学生の時以来、21年ぶりのノーキャッチです…orz
おまけにロッド折るし…




ひそかな目標として、今年は大物狙いで行く!と決めていたのですが。
どの魚種も大物は一度も捕れず、バラしてばかり。
装備面でも、サケの主力ロッドを折りフライリールを紛失するなど、
会長と代表取締役を相次いで失うのに匹敵する打撃となりました。

自分に言いたい。
「この、やっせんぼが~!!!」

来年は、大物を夢見るストイックな釣りは辞めて、楽しむことにします^^
b0207569_21402792.jpg

b0207569_21395371.jpg

b0207569_21404325.jpg
b0207569_23065409.jpg
本年度中も、ほんとにパッとしない釣行ばかりの当ブログを覗いてくれた皆さま。
お付き合いありがとうございましたm(_ _)m






# by suminemu | 2018-12-27 16:48 | 年ごとの報告
2018年12月17日。

風邪気味なので、ゆっくり休むつもりでした。
昨日までは(笑)。

釣りバカの性分で、体調と天気が回復してきたら居ても立ってもいられず。
やっぱり海に来ていました^^

もうさすがにサケは期待薄かと思いつつも、河口をチェック。
一つ目の河口は気配皆無でしたが、二つ目の河口では1,2尾だけ姿が見えました。

口を使ってくれるわずかな可能性にかけて、フライで狙います。

珍しく、数少ないサケが期待に応えてくれてヒット!

過去経験してきた中でもトップレベルのパワーでグングン走ります。
かなりデカい雄と思われます。
しかも、河口から延びるテトラの裏側へ回り込み、ラインをテトラに巻くような動き。
あわててこちらも走り、テトラをかわしてランディングに入ろうとすると、
今度は逆側に走ってもう一度テトラを回り込みます。
かなり頭のいい逃げ方…。
足場の悪い所で翻弄され、魚を弱らせる前にこっちがゼェゼェ(汗)

ウキルアーと比べてフックが小さいフライでは、ファイトが長引くと分が悪くなります。
久々に経験する長い格闘の末、無情のフックアウト…orz

が、今までのバラシとは違い、「ちきしょ~!!」ではなく、
「おもしれぇ~^^」と声が出ました。
捕獲すべき獲物に逃げられた悔しさではなく、手練れの侍と真剣勝負できたかのような充足感。

魚影の薄さはどうにもならず、2度目のチャンスは訪れませんでしたが。

バラしたけど楽しかった、と素直に思える釣行でした。
敗れたけどいい試合だった、みたいな(笑)。


でも、酒の肴は必要なので、ソイを一匹だけ確保して帰りました^^
b0207569_23243337.jpg










# by suminemu | 2018-12-17 23:42 | サケ(フライ)