ブログトップ

澄深寝夢の釣り日記@道南

suminemu.exblog.jp

あくまで自分の備忘録のためのブログです。暇で暇でどうしようもない時にでも読んで頂けたら幸いです。

<   2013年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

5月20日。

アジエンス氏、友人Jと共に日本海へ。
今回は友人Jが撒餌+ウキフカセを用意するなど、
全員ガチでホッケ狙いです。
b0207569_1814663.jpg

ところが景気良い前情報とは裏腹に、
ホッケの気配は薄く厳しい雰囲気。
撒き餌をしても一向に寄ってくる気配はありません。

本命をキャッチできたのは、
ワームで随分と丹念に攻めた後。
b0207569_1812759.jpg

結果的にウキフカセにホッケがヒットしない、
というまさかの展開になりました。

その後ワームに持ち替えた友人Jが、
リフト&フォールでナイスアブゲット。
b0207569_1823539.jpg

その後ホッケは自分が1匹追加しただけで、
最初のポイントを跡にしました。
b0207569_1821114.jpg



さらにその後は
ソウハチで有名な某漁港、
ヒラメで有名な某漁港で竿を振ります。

結果は…

省略(笑)


お疲れ様でした!
[PR]
by suminemu | 2013-05-21 18:05 | ロック&フラット
5月14日。

帰国中のアジエンス氏とのロック釣行。
夕方からR278コースの2つの漁港を探りました。
b0207569_1341289.jpg

2人とも本気モードで攻めました。
が、極めて反応は薄く、
自分にはショートバイトすらない厳しい状況。
魚の顔を見ないまま夜を迎えてしまいました。

それでも今回は集中力を切らさず投げ続けます。



とあるポイントにて、ドラマは突然起きました。

7’8の長尺ロックロッドが激曲がり!
b0207569_203732.jpg

b0207569_2122190.jpg

上がってきたのは、
一目見て自己記録更新と分かるナガラゾイ♪

帰宅後測定すると38.5cmありました^^

時期的に、このエリアはまだちょっと早いので。
敗色濃厚なのは予期していましたが…。
港内でこのサイズが出るとは思いませんでした。

釣りって、何が起きるか分かりませんね!
[PR]
by suminemu | 2013-05-15 07:09 | ロック&フラット
5月13日。
渓流をやりたい気分になり、仕事帰りに川へ行きました。

初めて入る流域は新鮮で、以外と美しい渓相。
b0207569_15451894.jpg

b0207569_15455010.jpg

自分のウデでは小物ばかりでしたが、
久々の渓魚の感触に時間を忘れて竿を振りました。
b0207569_15485073.jpg

b0207569_15491477.jpg

b0207569_15493284.jpg

イワナにニジマス、狙ったわけじゃないですがヤマメも。
この渓では、在来/外来の3種が無事共存できているんでしょうか。

途中気になる支流を見つけましたが、
昨日の教訓を思い出し深追いせずに帰りました(笑)
[PR]
by suminemu | 2013-05-14 14:38 | トラウト
5月12日。

この日は釣りではありませんが、
昨年の忘れ得ぬ林道ドライブの時と同じく、
約一名を連れだって山へ。

彼の案内で、ウドの生えているという奥地へ。
ジムニーでもちょっとビビッてしまう悪路を走破し、
行き止まりに駐車してしばし歩きます。

かなり車から離れた所まで登って探しましたが、
肝心のウドは無くなっていました。

と、不意に100mくらい離れた笹藪の方から物音が。

「バキバキバキッ」

人っ子1人居ない山奥で、重量感ある「バキバキ」を奏でるのは…
鹿か、例の生き物しかいないでしょう。

すぐにこちらも大きな音を立てて存在を知らせます。

鹿であれば足音を立てて逃げるところだと思いますが。
その生き物は、ピタリと動きを止め、
その後一切音を立てることなく消えてゆきました。
北海道のシンボルの、あの生き物だと確信しました。
b0207569_15114140.jpg

で、画像はその付近にあった踏み跡。

最初は林業の方々の踏み跡だと思っていましたが。
よくよく見ると、どうやら人間の靴の跡ではありません。
靴だとすると、先端に爪の付いた特殊な靴です。(笑)

そういえば、人間が採ったにしては
ワイルドな切り口のタラの芽があった気がしますが、
合点がいきました。

姿こそ直視していませんが、
生身で遭遇するのは緊張感倍増ですね(汗)
[PR]
by suminemu | 2013-05-13 15:34
5月7日。
午前中に市内の海岸線の区域へ出る用事があり、
その途中、少しのあいだ海を眺めました。

近すぎて何となく足が向かなかった大森浜。
しかし高台から見ていると、
目の前に何とも美味しそうなエリアがあります。

控えめながらも離岸流があり、
沖から続く海底の感じも自分の嗅覚をくすぐります。
沖から入ってきた魚が着くならここだ!
そんな気がしました。


その日、夕方にはサーフに立っていました(笑)
b0207569_1823472.jpg

無難な駐車場に車を駐め、
ジグを投げながら歩きます。

大森浜でサクラが結構上がっているそうですが、
この場所ではないようで他に釣り人は居ません。

なんの気配も無いまま朝見たエリアへ。
やはり良い雰囲気♪
ルアーチェンジしながら行ったり来たりすることに。

ジグで探り、ジグミノーで探り、ミノーに替えて探っていると…

…!!!
b0207569_1885820.jpg

明らかにソゲサイズですが、
この時期にこの魚種が出るとは思いませんでした。
(日本海側なら驚きませんが。)

その後、
サクラかヒラメの兄貴分、出て来いや!
と打ち続けますが、PEがガイドに絡み、
ヒットルアーのアイマ・サスケ烈波が振り切れて飛んでいきました。
「助けてくださ~~い!!!」(心の叫び)

結局本命のサクラは出ず。

惨敗といえば惨敗ですが。
ポイントチョイスは良かったんじゃないの?
良い時期には良いヒラメ入ってんじゃないの?
そうポジティブに考える事にします(笑)
[PR]
by suminemu | 2013-05-08 18:25 | ロック&フラット