ブログトップ

澄深寝夢の釣り日記@道南

suminemu.exblog.jp

あくまで自分の備忘録のためのブログです。暇で暇でどうしようもない時にでも読んで頂けたら幸いです。

ベイトリール用ライン考察

b0207569_1552188.jpg

写真にあるのは3種類ですが、
ベイト用ラインはかなりの種類を試行錯誤してきました。

自分がベイトタックルでロックを始めたのは2005年。
それから現在までに考えてきたことを書こうと思います。





自分の場合、使うロッドはMH以上で、
シンカーは14~18gが最も使用頻度が高く、
メインに使うラインは16LB。

そして、ラインは耐摩耗性が高く、十分な感度があり、
しなやかで扱易く、なおかつ結束強度が高い事が
譲れない条件となっていました。

写真左上、ユニチカ・シルバースレッドFC。
かなり扱いやすいフロロカーボンラインです。
最近見ませんがロックフィッシュFCとともに、
ユニチカのフロロは非常に優秀なラインだと感じています。

写真左下、DUEL・ハードコア・X-TEXコブラ
ナイロンとフロロのハイブリッドライン。
ナイロンの扱いやすさと、
フロロの耐久性・感度は確かに生かされていると思いました。
ただ、あくまで自分の場合ですが、
フロロよりも軽いことによって風の影響を受け易いこと。
そして根掛かった時、ナイロン的な「伸び」によって、
伸びた部分全部をカットしなければ著しく強度が落ちる点が
気になっていました。
現在ではスピニングでのPE用ショックリーダーとして使っています(笑)。

写真右、バリバス・ガノア・ロックフィッシュ。
現在愛用しているラインです。
今のところ文句はありません^^

他では、クレハも素晴らしいのですが、高い(汗)
フロロの廉価版モデルも使いましたが、
強度・感度は良いものの自分にはちょっと堅いです。

バークレイでは、バニッシュ・ウルトラはなかなか。
バニッシュ・トランディションも悪くはないのですが、
1度不良品に当たってからは敬遠しています。
それと、トランディションは号数表記より若干太めですよね。

そのほかも色々使いました(よつあみは未使用)。
が、自分的ヒットはなく現在は上記で落ち着いています。

ちなみに、自分はラインは限界ぎりぎりまで使います。
毎回取り替えるなんてセレブなことはしません(笑)
業界の思惑としてはラインやフック・ワーム・シンカーはどんどん
消費して欲しいのでしょうが。

実際のところ、フロロの場合、
1年使ったラインでも50UPアブを抜き上げられます。
もちろん巻き癖はつきますが、
14g以上のシンカーではほとんど感度に支障はありません。
ナイロンの場合、ラインを見てアタリや着底を感じるなんて芸当も
時には必要でしたが、フロロならほとんど手に伝わります。

フックだって、時には錆のせいで
魚にダメージが生じることはあるでしょうが。
一部ショップで言われている
「フックは使い捨てするべき」説は違和感を覚えます。

猿払のイトウや本州のシーバス、バスレイクを見ると、多くのアングラーが、
ハードルアーのトリプルフックやフライフックを使い回しています。
にもかかかわらあず、リリースによって個体数が維持されている現実。
やはり業界の勧めを鵜呑みのせず、
賢く付き合っていかなければと思いました(笑)

素人の独断的考察なので異議があってもお気になさらぬようお願いします^^
[PR]
by suminemu | 2011-11-24 13:53 | 道具